2019年12月03日

幸せを薄めよう

「アハハハ、もっと下がれ〜」
そんな気分で
相場を観てる

じわじわ下がるよりも
どーんと下がるほうが
ちょうちん買いを振り落とせるし
空売りも入る

目標突破のために
サポートラインまで調整すればいい

こんな上昇エネルギー補給の場面で
200、300円程度の下げなんて
慣れっこになってきている

偉そうなこと書いてるが
折角の年末バーゲンセールに
資金不足で株が買えない(笑)

保有銘柄も
さほど下げていないので
資金を振り替えることもできない

話は変わって
韓国の芸能人が
「自分を愛せなくてごめんなさい」
と遺書(メモ)を遺して自殺した

勝手な想像だが
幸せが過ぎたので
落差に苦しんだのかもしれない

幸せの平均値を下げていくことは
自分を嫌いになるくらい
不幸なことだろうか

幸せを薄めていくには
ゆっくりとしたペースが望ましい

幸せだった時点から
日常的に
些細な不幸が目立ち
「有難う」に気づくことが増え
何事もない凪のような日が
「当たり前」になっていく

焦らずに
自分を愛せば
「当たり」の準備が整っていく
【関連する記事】
posted by 喜怒哀楽 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください